Multiplex PCR | solution

DSCF5062

Multiplex PCRで用いる試薬の調製

#1  Anti-Taq  200検体分 0.1mL

  • Thermoprime Plus DNA Polymerase ( thermo AB-0301 0.05mL )
  • anti-Taq high ( ci2 TCP-101 0.05mL )

低温でも働いてしまうポリメラーゼをanti-Taqが不活化しておくことで、目的の塩基配列以外の相補鎖が作られるのを防ぐ。anti-Taqは高温(1サイクル目の最初の95℃)で分解され、ポリメラーゼが活性型に戻る。

#2  Master Mix Buffer   500検体分 20.0mL

  • Reaction Buffer IVthermo AB-0289 2.5mL )
  • Magnesium Chloride Solution ( thermo AB-0289に付属 1.5mL )
  • dNTP Mix 100mM ( logo (1) BIO-39028 0.2mL )
  • ROX Reference Dye (invitrogen12223-012 0.5mL )
  • DDW 15.3mL

PCRの基剤であるReaction Buffer IVに、合成の材料であるdNTP、Taqの補酵素であるMgCl2、蛍光シグナルの非PCR関連変動を標準化するROX Reference Dyeを入れてMaster Mixとして作っておく。